じん肺標準エックス線フィルム

     下のエックス線写真をクリックすると拡大写真が見れます。

けい肺
0型(0/1)1型(1/1)2型(2/2)2型(2/2)3型(3/3)4型(A)
低圧高圧
0型(0/1) 1型(1/1) 2型(2/2) 2型(2/2) 3型(3/3) 4型(A)
石綿肺
1型(1/0)1型(1/1)1型(1/1)2型(2/2)3型(3/3)
低圧高圧
0型(0/1) 1型(1/1) 1型(1/1) 2型(2/2) 紛失
不明
その他のじん肺
1型(1/0)1型(1/1)2型(2/2)3型(3/3)4型(C)
0型(0/1) 1型(1/1) 1型(1/1) 2型(2/2) 4型(C)

じん肺標準エックス線フィルムの概略と使用法
          出典 労働省安全衛生部労働衛生課編
                「じん肺診査ハンドブック」1978年3月15日第1刷 p.24


 エックス線写真像の区分に用いるじん肺標準エックス線フィルムの構成は下記のとおりである。
じん肺エックス線作 業 歴備 考
の種類写真像の型
けい肺0型 (0/1)62金属鉱業26 年高圧及び
低圧撮影
のものあり
1型 (1/1)44採石業9か月
2型 (2/2)*67金属鉱業41 年
3型 (3/3)54金属鉱業21 年
4型 (A)60窯業31 年
石綿肺1型 (1/0)56石綿製品製造業29 年高圧及び
低圧撮影
のものあり
1型 (1/1)*47石綿製品製造業22 年
2型 (2/2)56石綿製品製造業29 年
3型 (3/3)52石綿製品製造業31 年
その他

じん肺
1型 (1/0)47活性炭製造業7.5年 
1型 (1/1)53石炭鉱業28 年
2型 (2/2)52金属鉱業13 年
3型 (3/3)58活性炭製造業6 年
4型 (C)56黒鉛製造業24 年

 個々の標準エックス線フィルムの詳細については,標準エックス線フィルムに添付されている解説書に記載されている。なお,けい肺1型(1/1)の症例の作業従事期間は短期間であるが,第1型の中央を示すエックス線フィルムとして採用している。
 エックス線フィルムの読影に当たっては,粉じん作業についての職歴調査の結果等により,どの種類のじん肺のフィルムを用いるかをまず判断し,各型の標準エックス線フィルムの間に読影の対象とするフィルムを置いて12階尺度を用いて判断する。どこから第1型と判断するかについては,石綿肺とその他のじん肺の場合には第1型の下限(1/0)のフィルムを用いて判断し,けい肺については,じん肺の所見がないと判断する上限(0/1)のフィルムと第1型の中央(1/1)のフィルムを用いて判断を行う。また,100kV未満の撮影電圧で撮影されたフィルムを読影する場合,撮影電圧により多少陰影が異なることがあるため,標準エックス線フィルムでは,けい肺の第2型(2/2)及び石綿肺の第1型(1/1)については低圧撮影によるフィルムも添付されており,これらを参考に読影する必要がある。これらのフィルムを用いても判断し難い場合には,高圧撮影(標準電圧100kV以上)により再撮影を行って読影を行う必要がある。

このページのトップへ戻る